人生 喜怒哀楽

悲喜交々 伝えよう すべてを

恐ろしすぎる村八分…全くの孤立状態、葬儀にも来てもらえず 奈良県内自治会に「是正勧告」

恐ろしすぎる村八分…全くの孤立状態、葬儀にも来てもらえず 奈良県自治会に「是正勧告」

headlines.yahoo.co.jp

 

9月21日

gigazine.net

news.finance.yahoo.co.jp

独身で誰も扶養していない新入社員の、給与明細20万円から差し引かれる金額を確認してみましょう。

まず、健康保険料(介護保険料無、40歳未満、協会けんぽ平成30年度保険料額表より)は約9900円、厚生年金保険料は約1万8300円、雇用保険料は約600円、所得税国税庁 平成30年給与所得の源泉徴収税額表より)は約3800円です。手取りは約16万7000円です。

◆額面給与は25万円で、結局手取りは20万円

 

25歳から29歳の年齢階級になると、月収も約23万から26万(厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査より)に上がります。例えば27歳で月収25万円にアップしたとして、月収から差し引かれる金額を確認してみましょう。独身で扶養家族はいないものと仮定します。

健康保険料(介護保険料無、40歳未満、協会けんぽ平成30年度保険料額表より)は約1万3000円、厚生年金保険料は約2万3800円、雇用保険料が約750円、所得税国税庁 平成30年給与所得の源泉徴収税額表より)は約5300円、住民税約1万円(前年所得があるため新入社員と異なる)です。手取りは約19万7150円と、20万円に近づきます。

◆労使折半で会社も負担している!社会保険料と事務作業の負担

 

「こんなにお給料から引かれているなんて会社員は損だ。やめてフリーになるか」等と考える方、ちょっと待ってください。社会保険料は、労使折半という形で会社員だけでなく雇っている会社も50%ずつ負担しているのです。

月収25万円のときに差し引かれた健康保険料約1万3000円、厚生年金保険料約2万3800円、雇用保険料は倍の1500円、他に労働災害保険料は750円(実際には年度初め1年分1活払い)、合計約3万9000円が月収25万円の他に会社が負担する額となるのです。

会社は社員から、所得税や住民税も給与から差し引き預かっています。給与から預かっている税金を国や自治体(社員が住んでいるところへ各々)に、預かっている健康保険料・厚生年金保険料と会社負担分は健保組合や年金機構等に支払わなくてはなりません。

労災保険料(給与から引いてなくて全額会社負担)・雇用保険料(給与から預かりと会社負担分)も労働基準局(国)に支払う必要があり、その事務処理を行う社員(または外部委託)も必要になるのです。

世界はどんどん変わっていく

これで日本の戦争屋()の実態も解る筈。在日米軍それ自体が戦争の緊張を生み、バチカンイエズス会)、ローマクラブ (創価学会)、CSIS笹川平和財団)、日本会議統一教会)、自民党(清和会)らこそが、ディープステート(ロスチャイルド社とロックフェラー社の子会社。

 

 

熱烈な安倍支持者が登場

より正確に言えば、ヘイトデモ常連兼熱烈な安倍支持者ってことで。コイツこれがカッコいいと思っているから情けない。しかし本当になれば1番に逃げ出す輩だろうな!!! このプラカで安倍を守りに来てますからね!馬鹿に付ける薬はない。が笑い者になる勇気だけは??勇気??ただの馬鹿だね!(笑)

f:id:piaworld:20180920050401j:plain

 

f:id:piaworld:20180920050415j:plain

 

 3度目の南北首脳会談 記者会見で文在寅大統領は「東倉里のエンジン試験場とミサイル発射台を永久に閉鎖することで合意した」と発表しました。 日本がアメリカから買った、高額なポンコツ武器は全てムダとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

自民党総裁選のTV討論会を見て何も思わないのか?国民は?
何も感じていないのかなぁ?国民は?
自民党議員は忖度や利害絡みで仕方がないこともあるが
自分たちの住んでいる国や地域を良くしたいと願う気持ちがあるのか?
どうでもいいやということなのか?それほどこの国は廃れていったのか?

 

仲良しの外務省のエリート官僚が電話で教えてくれたんだけど、23日からの訪米で、安倍官邸はトランプとのゴルフを打診したそうだ。そしたらトランプ側が激怒して「こんな時にゴルフなんかしていられるか!安倍はバカなのか?」と一喝されたと言う。あたしは電話中に缶チューハイを噴いてしまった(笑)

 

 

 

ポーランドが多額の金を出すから米軍基地を置いてくれとトランプに頼んだ。トランプの砦という名前にしようと。その演説を聴くトランプの実に嫌そうな顔(笑)

 

 

孫崎 享 の世界観

 

 

北方領土問題で押さえるべき歴史的背景、ヤルタ会議、ポツダム宣言サンフランシスコ講和条約(日本国は、千島列島の権利、権原及び請求権を放棄する 首席代表吉田茂は演説し、国後・択捉は南千島と定義)日ソ共同宣言、ダレスの恫喝等

 

t.co

構図はこうです、①サンフランシスコ条約で日本は千島つまり、南千島の国後択捉を放棄、②米国:放棄されたものの帰属に日本の発言力はない、③ルーズベルトソ連の参戦を要請、千島の獲得を認める、トルーマンも追認、つまり連合国側は千島をソ連領にすることを承認

 

 

t.co

サンフランシスコ平和条約ではソ連が参加しませんが、ここでの決定は日本に千島を放棄させたことです。ソ連が参加の有無と関係ありません。他方放棄された千島は米国大統領(ルーズベルトトルーマン)がスターリンとの間でソ連にあげる約束をしています。

 

 

 

 

 

 

 

いじめ、依頼されたらここまでやるぞ!   いじめる奴は覚悟しとけ!  

 

いじめ、依頼されたらここまでやるぞ!

 

いじめる奴は覚悟しとけ!

 

(1) 加害者の刑事告訴

 

(2) 加害者本人、場合によっては親権者への損害賠

 

償請求訴訟提起

 

(3) 公立学校の場合は国家賠償請求、

 

私立学校の場合は学校への損害賠償請求

 

これ拡散すればいじめ減るかなあ。

 

減ってほしいわ。

 

 

 

 

 

お父さんじゃなくて、アベ、お前が憲法違反なんだよ! 憲法違反の指示を出しているのはお前だろうが👊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人の政治感覚ってつくづく幼稚でお馬鹿;

分かる… ただの患者さんなのに 偉そうの極みおじさん多すぎる…

世間では会社での地位など通用しないのだと言う事に気付き始めてかなりイライラ

togetter.com

 

www.asahi.com

 

markethack.net

白拍子の祇王は近江国(滋賀県)の生まれ。野洲江辺庄の庄司の父が北陸へ流されたことで母・刀自(とじ)に連れられて、妹・祇女(ぎにょ)とともに京へ出て白拍子の生活を始めた。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…、で始まる

平家物語の巻第一「祇王」で語られる悲しいお話!ガーン(

最初に白拍子(しらびょうし)とは‥

 平安時代後期に流行した歌舞の一つ。

それを歌い舞うことを職業とする物腰柔らかな

 

舞をみせる女性を含めて白拍子

 言う いわいる芸能巫女。

  

本文

白拍子祇王近江国滋賀県)の生まれ。野洲江辺庄の庄司の父が北陸へ流されたことで母・刀自(とじ)に連れられて、妹・祇女(ぎにょ)とともに京へ出て白拍子の生活を始めた。都へ出て来た祇王の歌と舞いの見事さは、たちまち評判となり、当時の最高権力者である平清盛の知るところとなる。ある日、清盛に呼ばれた祇王は御前で舞うこととなる。清盛は、祇王の見事で気品のある舞い、そして何よりもその美貌に心を奪われ、直ちに自分の別荘・西八条殿に住まわせ寵愛(ちょうあい)したのである。

 

 清盛の寵愛を得た祇王は、母や妹の面倒までもみてもらい何不自由の無い生活が始まる。そこへ現われ出たのが加賀国(石川県)から出てきた16歳の仏御前という名の白拍子。仏御前の舞いも見事なもので評判となり、その自信からか仏御前は清盛の屋敷へ行き、舞をお目にかけたい申し出る。祇王を寵愛していた清盛は「祇王より上手い白拍子がいるはずも無い」と門前払い。それを見ていた優しい祇王は、仏御前を不憫に思い「一度だけでも…」ととりなしたのである。寵している祇王の申し出に、清盛も仕方なく仏御前の舞いを観ることにした。 最初はイヤイヤ見ていた清盛も、見事な歌と艶やかな舞いにたちまち心を奪われ、昨日までの祇王への寵愛はどこえやら、心は仏御前に移ってしまい、祇王を屋敷から出ていくように言い出す始末。仏御前は、それは本意ではない「舞いをお見せしたかっただけ、自分が帰る」と願い出たが聞き入れられることではなかった。あろうことか清盛は、「仏よ、祇王に遠慮するな。お前がそのように言うのは、祇王がいるからだな」と祇王を屋敷から追い出してしまった。祇王は、あまりにも突然の清盛の心替わりに驚き、涙ながら屋敷を出てという。

 

 その後も清盛は無神経さを発揮している。ある日、祇王の家へ清盛の使者が訪れ「仏が退屈しているので参上して慰めてほしい」という。祇王には行く気もないので断ろうとしたが、母に諭されてやむなく参上し舞うこととなる。元々、祇王に気のない清盛は、一舞いすると帰してしまう。この清盛の無神経さ、悔しさ、悲しさに祇王は自害しようとするが母の必死の説得で自害は断念するも、世を捨て仏門に入るのである。この時、妹・祇女そして母・自刀も髪を剃り、三人で嵯峨の山里にあった小さな庵(今の祇王寺)で念仏三昧の静かな暮しに入るのである。

 

 時が経ち、秋のある夜のこと。祇王らが住む庵の表戸を叩く者がいた。恐る恐る表戸を少し開け、隙間から覗くと、そこには白い衣で覆った仏御前の姿があった。仏御前は涙ながらに「もともとは、舞いを認めてもらいたい一心で清盛様の前で舞ったもの。心ならずも祇王様を追い出しことになり、悔やまれます」と、切々と自分のとった愚かな行為を憂いた話をした後、覆っていた白衣を脱ぎ捨てる。そこには髪を剃った仏御前。仏道に入ろうと決意してやって来たのである。この姿をみた祇王は、まだ17歳の若さで現世を捨て、往生を願うは真の大道心と快く庵へ迎え入れ、その後、朝晩の念仏を欠かさず過ごした4尼は往生したと書かれている。 from平家物語