人生 喜怒哀楽

悲喜交々 伝えよう すべてを

怒り

あれだけの縁故優遇、改竄、隠蔽、恐怖政治を続

 

け、災害時には対策そっちのけで宴会と多数派工

 

作、差別議員は庇うばかり、それでも三選させたい

 

派閥と議員と党員ばかりの政党だということなら、

 

あらゆる選挙の時に有権者は考慮すべきで、「どう

 

せ忘れる」と見くびられていることにも憤るべきだ

 

と思う。

 

 

 

gooddo.jp